fc2ブログ

団員全員で北陸旅行!の続き

長い間更新せずにご心配をおかけしました。
 
コメントを下さっている皆様
いつもご心配頂いてありがとうございます。
 
私は体の方はいたって健康、頑丈ですし今は昔の関係者との付き合いも無いので
今後
パクられることも無いと思います。
 
更新が遅いのは私の気分的なものなので、
いつもご覧頂いてくれる方たちにはもうしわけありませんが
 気長にお付き合い頂ければ幸いです。
 
 
かなり間があきましたが前回からの続きを書かして頂きます。
 
清と向かい同士の部屋になったんが不運でしたと皆に囲まれ、なだめられ、
説得されながら
廊下を進む、とっ、ある部屋の前に(大部屋)5~6名が
ズラっと並んでいて何やら変な感じ、
私は(何してんねん?)って聞くと皆一様にに〔いやー別にっ〕て歯切れが悪い。
おかしい奴等と思いながら団員達が寄っている場所に行くと数人を囲んで大盛り上がり!
〔並んで順番やあー〕〔えらいおばはんじゃーっ〕等など理解不能な大盛り上がりである。
しかしながら私が輪に加わると話が止まる・・・
 
そして他の部屋でNとゆう男が暴れているとの事で行ってみると
部屋中がめちゃくちゃで、ふすまも障子も
形もあれへん。

部屋中央にはNが座り周りを幹部数人が囲み立っていて聞くと今取り押さえたとの事。
このNも酒乱らしく、そう言えばこのNの家に以前行った時同じ光景であったのを思い出した。
どうも我が団には酒癖があまりいいとは言えん男達が多い、
ちなみに私はまったくの下戸で呑めない、大の甘党
であるから、
この酒乱とゆう種族がどうも理解出来ないしムカツクねん!!

そしてNの部屋に居た一人の幹部に先ほどの廊下の件を聞いた。
 
皆さん昔は遊郭といって全国に国が認めたオメコ専門の
場所があっちこっちにあり法的には取り締まれない遊郭。
 
テレビや映画で出てくる江戸時代の〔吉原〕とかの遊女達が群れ集い、
その遊女達を窓越しに覗き込み
品定め(女の)する男達、
囲みの土地にそうした店屋が何軒もある風景。

私がガキの頃、中学一年位のときはあった、
売防法が出来て公認が消え以後女を買うことオメコに金を払うことは
全て法律違反。
まっ今でも西成の飛田遊郭はそんな名残が残っていて
道を歩けば両側の店からは声がかかり、店内に目を向ければ
意外と若いネェチャンが玄関上がりに座っとって艶然と笑いかけてくる、
時代を反映してか昔のイメージ等微塵も無く
今風のファッションで暗い感じも全然無い。
 
余談だが私はこの前名古屋の孫(幼稚園児)を連れ出して
飛田を我が自転車に乗せて回った、
店内を次々に見回る内に
孫が〔あの女の人なんであそこに座っているの?〕って聞くから
私は〔ああして道を歩いて女選びしている男の人に売り込んでんねん〕と言った。
すると孫は〔ここは何の町?〕と聞くんで
私は〔ここはオメコの町やあー〕って大声でゆうと、
このオメコ
が気に入ったのか孫も大声で〔オメコーオメコー〕と
祖父と孫でしばらく盛り上がっていた!

が、この孫の母親(私の長女)が大阪での滞在が終わり
今住む名古屋に孫達と帰った時の出来事!

長女、お義父さん、お義母さん、お義兄さん、そして長女の亭主一同にそろう夕飯時、
和やかに
食事が進む中、突然この孫が大声上げて〔オメコー、オメコ〕と連呼!
きっと本人は私と盛り上がったり、大阪の家では私の嫁や長男にかなり受けていたので
受けると思ったんだろうが我が孫は名古屋のお義父さんに一喝され、
母親(私の長女)に奥へ引きずり込まれバッシバッシにいかれたとの事・・・
やっぱし私が悪いんやろうかあ?
 
話は戻るが売防法が出来るまではこうした遊郭の店の表には
格安の店へ男達が行列を作り
小銭を握り締めならんどった。
 
まさに私が見た(北陸の旅館廊下)風景はそれであった、
そして幹部より聞いた話の内容もそのまま
生写しで、
あの行列する部屋の中ではどんなババアと思いきや40代位だとの事で1回5000円程
らしかったがあの廊下で並び待っている
男達の顔が妙に無邪気に順番を待つ姿が今こうして書いていると
当時の映像が頭の中に浮かんでくる。
 
団員達の相手をしていたおばさんの顔はついに見れんかったけど
一体何人くらい相手にしたんやろう?
結構夜もふけてたし朝までかな?
 
次の朝市内巡りの観光バスが来て全員大広間で朝食は大わらわである、
私はにっくき清めっと見渡たせど
居ない?
どこに行ったんやろと誰に聞いても知らないと言うし、
私はまあバスは一台やし乗らんわけにはいかんやろうと
我が愛車は指名手配中の大阪よりの同乗人Mに託し
バスに乗り込むが、その内バスは発車一路兼六園へ
向かうが清は居ない、
バスの中をくまなく探すが居ない・・・

おかしいなっと後続する我が愛車をバス後部窓よりふと見ると、
あの独特の格好で
(ハンドル両手で握り顔をハンドル部分位まで下げて運転する、つまりあのオットトトット)である。
 
私から隠れたつもりであるがバス後部窓からは高見で丸見え、
清は運転もしなければならないから
前のバスを見るので
当然私とも目が合いペコペコとしつつ〔オットトトト〕風の繰り返しで私もそんな姿を見ているうちに
アホらしなってきて、ついに笑ってしまった、〔もうええわっ〕気も済んだ。
 
清の兄貴分も私の顔色読んだのか〔辛抱したんなはれなあ〕と
ほっとした様子で皆んな結構気使とっんねんなあー
と思い、私の方が気が引けた。
 
まあーたったの2日間だがいまだに記憶に残る様な珍事も
今は懐かしい思い出。

あれだけ繋がってた仲間達も今は誰とも交友は無い、
それぞれに時々どうしてんやろうと思う時もある。
 
 
 
 
↓↓応援よろしくお願いします。↓↓

ブログランキング

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking





 
スポンサーサイト



お久しぶりです。

長い間申し訳ありませんでした。 近いうちに更新させていただきます。

清に女取られた!

皆様、いつもご心配して頂きありがとうございます。
 
では前回のガラス代弁償からの続きを書きます。
 
珍事その2、前日のガラス割りの件から尾がひているのか?
またSが続く。
この男、翌日の金沢兼六園内にある、
何とか閣?ゆう建物内にて受付の女の子を
(何とか閣とは昔金沢城主のお母さんの別邸の事)
お姫様が居る等とわめき、あげく声を
かけたものの女の子が逃げるのを閣内をひつこく追い回し、
係員も出てきて大騒ぎになった。
どもならんこの男わ!!
 
兼六園を案内していた私たち専属のガイドのネェーチャンも
いつの間にか途中で消えた、なぜか?
ガイド等まともに聞くような男達ではなく
園内に入ると同時にこのガイドのネェーチャンは
団員に囲まれてしまい、ネェーチャンの姿は見えなくなった。
囲みの中でのネェーチャンの声(もっと下がって下さい!)、
(旗は私が持ちます!)、
(服を放して下さい!)、(キャーッ!)等など
大騒ぎになっている、又ガイドのネェーチャン
小柄で可愛いい子やって、その分騒ぎも起こる。
 
何とかの燈籠まではネェーチャンは居ったと思うが
その後は消えた、せっかくガイド料も払って
貰ってるがそれについては
誰一人何も言う者は居らず、後は各自てんでバラバラ四方に散った。
 
まっ、常識からかけ離れた団員達を兼六園など情緒を楽しむような所に
連れて行った
のがそもそもの間違いだった。
 
金沢市内観光貸切バスにては車内のガイド用の
マイクでカラオケ大会は始まるわ、
このまま大阪まで乗せて行け等、
さすが西成の人間はすごい!
 
極めは清!我々一同無事全員揃った到着のその夜の宿での出来事であるが、
恒例の
宴会ではきれい所も結構来ていて
私も心ウキウキ期待大であった!

順番的に私にもいい女が来るはずである、
しかもトップに近い!そして来た!

当然、数ある女性達の中では希少価値は少ないが
好みの若いいい子が付いた!

宴も終盤に近づき、一同は相当酒が入り
正体正気もほとんど消えかけとる者ばかりで、
世話係の団員が私に〔あの子、頭の部屋に先に入ってまっさかい!〕
なあーんて響きの良い
耳打ち!
私は当然その気マンマンで皆と離れる時は結構、
値打ちこいてかっこうつけとったが
廊下に出るや直ぐに
急ぎ足で我が部屋へ!そして部屋の扉に手をかけ〔うん?〕開かない?
で、〔ドン、ドン、ドン〕と扉をたたくと中から〔誰やっ!〕と酔った声・・ 
だみった声だが団員達の
声は一人一人判る、声の主は清である・・
 
この男酒もよく呑むが呑むほどに強情、聞き分けも無くなる、
私は(あっそうや清の部屋は確か
俺の部屋の向かいや)と
気がついたが、もう万事休すである・・・
 
私が怒鳴ろうと叫ぼうが(清はまた頭が無理を言って、自分の女を取ろうとする。)っと
私の
部屋から清が叫ぶ!
なぜそう叫ぶかとゆうのは当時の私は誰かれ構わず欲しいもは
すべて車でも物でもなんでも
無理を言って取り上げていたので警戒していたのであろう。
 
その内異変を知った清の兄貴分達が来て扉越しに部屋の中に向かって説得するも、
清は
ガンとして応じない、
私は久しぶりの好みの女に未練たっぷりでなかなか素直になれない。
 
清の直の兄貴分Mが私に〔あいつ酒入ったら、もう言う事ききまへん〕〔あきらめなはれ・・〕
〔酒さめたら明日ちゃんと謝ってきますわ〕〔清も扉外の頭の形相がわかるから出てきまへんねん〕
〔他の誰か(団員等)やったらとうに飛び出してきて今頃は大乱闘になってますわ〕等などと
慰めにもならん逆説得されて、最後に一言〔清と向かい同士の部屋になったんが不運でした〕
これがとどめである。
 
今日はこの辺で終わります。


↓↓応援よろしくお願いします。↓↓

ブログランキング

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking





 

団員全員で北陸旅行!

暑くなって最近は気温が30度以上にもなっておりますが、そ
れぞれにご苦労様です。
 
今回は団員一同で北陸地方へ旅した小話を一節。
 
当時、私たちは抗争中の真只中でそんな悠長な時間など
生まれる筈もないとお考えでしょうが案外
家族的な雰囲気が残るヤクザ団体でもあったので
殺伐とした毎日を送る日々の中、この先平和が来ることも無いだろうと
今居る一同が、いつまで
朝、目が覚めたときに
オッハーと言い合えるだろうか?等等・・
 
ある日、衆議一決〔どっかへ行こお~〕で北陸のとある温泉に決まった。
旅費一切、団員の小遣い、温泉地でのオメコ代迄、
すべて当時の2代目会長が持った。
 
行く団員はそれこそ指名手配中の者も含めて文字通り総員であった。
幸い病人が居らず旅出の時は大阪には誰一人として残っておらず、
もし当時病人が居たとしても
あの時の全員の心根を思うと
車椅子、担架にでも乗せて連れて行ってただろうと思う〔きっと!〕

浮かれた心情も裏を返せば全員今生の別れの儀式でもあったように思っている。
しかし旅はそのような感傷になどふかれるスキもないドンチャカな日々時間であった。
 
北陸へはほとんどの団員等は列車で行ったが
さぞや賑やかな事だと思う、この賑やかな一行中に
清も含まれていて
清本人も一緒に居た2代目始め全団員も近い将来起こる京都クラブ事件
等、清本人は元より全団員も露ほど浮かぶ筈もなく
能天気に久々の地獄の洗濯とばかりに
明日思われぬ日々の中、旅に浸りきっていたと思う。
 
私は指名手配中の団幹部でもあるMとゆう男を連れて行くため、
我が愛車に乗りこみ警察の粋な計らいもあり
Mを無事同乗させ一路北陸へ高速をぶっ飛ばしていた。
 
当時の私は四六時中機動捜査隊の刑事が護衛(見張り?)をしていたので
どこに行くのも刑事達がついて来ていた。
 
途中大阪府警から関係管内への護衛の警察車両の引継ぎがあって
今思えば大変御苦労をおかけして
心より感謝の念にたえません!
 
そして北陸圏内へと高速道を入ったあたり頃、
いつの間にか後続の護衛車が消えていて以後快調に目的
出口より高速を下って行くと料金所向こうの道路両側に当地のパトカー、
覆面車両等数台がお出迎え
していた。
 
高速料金を済ませて一般道へ出るやいなや〔ウーッ〕と
一声パトカーのサイレンで止められ私の身分照会、
覆面車両からは私服が降りてきて
〔騒ぎ起こすなよっ〕、〔宿から出るなっ〕等など北陸弁でしゃべっとった。
 
後で知ったが当地に我々が来るとゆう事を北陸の県警が知ったのは
大阪府警からの連絡であった。

県警は当地に来るのを阻止を試みたようだが、
その時はすでに我々の宿泊旅館には予約どころか
滞在宿泊料金も前払いにて済ましており、
予約名義は建築会社名であり、会社も偽名ではなく実名で
あった。
 
旅館も実態が分かったものの代金は済んでいるし
日も迫り30数名もの用意を破棄出来ず、仕方なく
受けたとの事。

地元の警察も大阪の我が団体の事はよく理解しており、
さぞやてんやわんやだったと思う。
 
また当温泉地にも当然ヤクザ組織が存在しており、
その組織はやはり関西の大組織の系列であるから
警察が慌てたのもよく理解出きたが我が団員達は良く言えば
〔天真爛漫〕悪く言えば〔無知蒙昧〕で
まったくお構いなしであり、
宿に〔殺っそうー〕、〔さっさと帰れー〕等などと名無しの電話が次々と入る中、
めったに味わえない(とにかく金儲けの下手な者が多かったので)
行楽気分を満喫していた。
 
ストリップ小屋では無理難題を言い、酒場では酒が薄いなどの文句を付け
自分勝手に勘定の金額を決め払う、
温泉地等の酒場では西成などに比べて酒の配分が薄い、
西成なら1杯分だが温泉地なら3杯分くらいの酒の配分なので
団員達は勝手に計算して3杯飲んでも
1杯分しか払わない、
何にしても親分から出る配当の小遣いはそう多くない・・
 
とにかく団員達の好奇心は旺盛である、
よくまああの2日間何事も無く無事に全員事件事故も無く帰阪出来た
ものだと今思い返してみればつくづくそう思う!
 
しかしながら珍事はあっちこっちで起こった、
その1は宿の大浴場大ガラス割り珍事。

団員のK(この男は日本橋事件当時、事務所当番者で
私が外より入れた電話への対応者である)
とSの2人。
 
当夜、男湯より隔ての壁越しに聞こえる隣の女湯の声に刺激されたのだろう、
2人して外側より回り

(大浴場の外側へは前面ガラス張りで中より外の景色が見えるようになっていたので)
しかし大浴場壁面の
ガラス外、建物よりすぐそばは崖になっており
崖下は柴山潟になっており、昼間に2人は当然見知って
いた筈なのに酒と女湯からの声で我を忘れていたんだろう、
2人して建物外側の
真っ暗な庭を進んで行った大浴場建物にそって
(2人はそっていると信じて)が先に進むKが突然消えた。
 
館内備え付けのあの懐中電灯を持って出たとの事だが
真の闇ではあの懐中電灯では頼りない、
突然消えたKの輪郭と赤色交じりの
備え付けの懐中電灯〔オーイ兄弟、オーイ兄弟〕とSはその場より
進めずただ叫ぶばかりで、とっ、何か下の方で〔上げてくれ~〕と叫ぶ声でやっとSも庭がそこで切れて、
その先は急降下で5~6mもっとあったか?下の柴山潟に続いていた。
 
潟の特徴で水際は沼のようで落ちてもドボンといわない、
恐らくKは〔ズボッ〕と音はしなくても感じただろうと
思うが・・・
Sは大慌てで宿の帳場へ帰り〔兄弟が落ちた!兄弟が落ちた!〕等と
怒鳴りわめきちらして帳場の者達を
面食らわせとった。
 
そのうち我が団員一同の知る所になり
(Sは皆に知られるのが一番嫌だったので帳場へ駆け込んだが、
元々気性の荒い男なので
きっと支離滅裂な事を大声で帳場の者にわめき散らしていたんだろうと思う)
 
そして宿の者と一緒に団員一丸となりKの〔ズボッ〕救出作戦が始まった。
 
潟より引き上げられたKは元より救出者一同泥だらけになり、
全員大浴場で裸同士の仲良しで、只この2人K、Sは
風呂にも入れず、兄貴分達に大目玉を食らっていた。

そして皆が引き上げた後の大浴場へ入った、
Kは気の優しい男だがかたやSは気が荒い。
そうするつもりもサラサラ無かったんだろうが叱られた事と自分の行動にムカツイたのか、
大浴場入り口のガラスの
大扉に向けて備え付けの木製の洗い椅子をぶつけた。
 
ガラスの大扉はどこでも分厚く頑丈であるが
、このS大男で気性が荒くて力持ち!一撃で割れた。
 
で、このガラスの弁償が30万円弱、
2代目が払っとった、その分皆への分配金にも影響はあったはず・・・
 
今日はこの辺で終わります。
 


↓↓応援よろしくお願いします。↓↓

ブログランキング

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

 右下のおもちゃ屋は親戚がやっているので
興味のある人はどうぞ!
 
 
 

皆様、ありがとうございます!

ブログをごらんの皆様、長い間更新せず申し訳ありませんでした。
 
来週には更新したいと思います。
 
コメント欄には沢山の方からご心配や応援を頂きまして大変うれしく思います。
 
中には私だけに見れる設定で自身の携帯電話の番号まで記載頂き
息子のお店に寄って下さるとのコメントや暖かい励ましのコメントまで頂きました。
 
コメントを下さった皆様、本当にありがとうございました。
 
次回の更新は団員みんなで北陸旅行に行った思い出を書かせて頂きます。
コメントで清の事についてリクエストがありましたので少しですが面白エピソードに
触れたいと思います。
 
大阪千日前ア・ン・テ(息子の店)

良かったら買って下さい
最近の記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
親戚の下品な店

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー(月別件数付き)
リンク
カテゴリー